カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

モカ=マキネッタ

「モカ(MOKA)」とは、直接火にかけて湯を沸騰させ、蒸気圧を利用してコーヒーを抽出する器具。(マキネッタともいう)。

イタリアの家庭では「一家に一台以上」といわれるほど、日常生活で普通に使用されています。
何十年と使い込み、コーヒーの香りがしみ込んだマキネッタで淹れることで、「うちの味」になるのだそうです。
日本では「直火式エスプレッソ」と呼ばれますが、イタリアではマキネッタで淹れたコーヒーを「モカ」と呼びます。
厳密にいえば、エスプレッソとは別のものだそうです。
味はエスプレッソに近い味わいで、手軽にエスプレッソを淹れるのにはピッタリです。
粉は中細挽き〜細挽きがおすすめ!

3つのパーツに分解できる。 サーバーの中央にノズルが付いていて、 下から上がってくる抽出液はここから 出てくる。手入れは水洗いのみ、 香りに影響するので洗剤はNG。 水をいれる 3つのパーツに分ける。ボイラーに 水を入れる。内側にラインがついている ものは、ラインまで。 ラインがないものは圧力調整バルブの 下を目安に。 粉は中粗挽き〜細挽き 市販のエスプレッソ用のパウダー状の 粉を使うと、バスケットのフィルター が詰まることがあります。 粉を入れる スプーンなどでバスケットに粉を入れる。 真ん中が少し盛りあがる程度に、 ふっくらと。サーバーと合わせるきは ネジの部分に粉が付かないように注意。 湯が漏れることもあるので。 Point サーバーと合わせる接続部のネジ部分に ついた粉は取り除きましょう。 粉が付くと密封されず、 沸騰した湯が漏れることがあります。 パーツを合体する ボイラーにバスケットをセットしたら、 サーバーをかぶせ、ネジを締め合わせる。 まっすぐに、きっちりと合わせないと 圧力が逃げて、抽出がうまくいかない。 火にかける 火加減は小〜中くらい。 底から火がはみ出ない程度に。 しばらくするとボイラーの水が沸騰し、 中央のノズルから、サーバーに抽出液 が吹き上がってくる。 抽出を待つ ゴオッゴオッという音の後、 コポコポ、シューッという空気が噴き出す 小さな音が聞こえてきたら、抽出液が 全部上昇した合図。 4杯分で6〜7分が目安。 完成! 音を頼りに火を止め、カップに注いで、 できあがり。マキネッタは高圧 エスプレッソマシンと異なり、圧力が それほど高くないため、 クレマは立ちにくい。 point 味がしっかりと濃いのでミルクとも 相性抜群。温めたミルクを加えて カフェラテ、泡立てたミルクを加えて カプチーノなども楽しめる。 豆は深煎り(シティロースト)から極深煎り(フルシティロースト)で選びましょう。あまり深煎り過ぎると、こげ臭などが強く出てしまいます。
95商品
95商品中 1 - 12表示